プロフィール

ひみつNo.36410

登録 2017年8月25日

明細数 0 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

2017/9/11

花香越發彌足珍貴


菊花盛開,五彩繽紛。紫的、白的、紅的、黃的,大片大片的怒放,讓人目不暇接。有的像倒掛的小傘;有的像斑斕的煙花;有的像風采正盛的霓裳羽衣。花香滿園,流光溢彩,花型獨特,美不勝收。彩蝶蹁躚,蜜蜂飛舞,在這陽光暖和的時節,人們拿著相機,按下快門,記錄菊花與蜜蜂、蝴蝶相遇 、相戀、相知、相許的美好光景。菊花是暖冬的可人兒,帶著花開的奔放,散發著多彩的顏色,放射著誘人的光芒,飄散著醉人的花香,在四季的盡頭,將冬的單調,變成五彩斑斕的世界。


菊花美,美在它開得極致而不自滿;美在它開得絢爛而不驕傲;美在它開得豔麗卻仍然保持一顆純潔的心。它沒有牡丹的雍容華貴;它沒有芍藥的霸氣,沒有荷花如仙的氣質;沒有薰衣草的羅曼蒂克;沒有杜鵑如火燃燒的熱烈。


菊花平凡,卻不普通。它是在鄉間挨家挨戶送信的郵遞員;它是淩晨五點就穿好螢光衣就默默打掃大街的清潔工;它是在頂著烈日工作的建築工;它是奮鬥在手術臺的醫務工作者;它是美麗羊城的設計者這些都是再平凡不過的職業,但他們是這個城市的建設者。沒有他們,鄉間的農民就不能迅速地瞭解在城打工親人的消息;一大早上班的人們就不可能超過如此乾淨的街道;得重病昏迷不醒的患者就不可能死裏逃生;整個城市的的容貌就不可能如此乾淨整潔。

2017/8/26

人生はただのように

「人生の中で、清朝の詩人」纳兰性德句詩はほとんど無人で読まない、誰も愛しないで、この詩はどこに現れ、どこ遊走、それはすべてそんなにの心を持って人に目に入った場合は、無限の真情を指柔。勿論、「人生の中でこのぼんやり出尘」の7つの字はまぶしいきっと数え切れない時も、優しくなった無数の人々の歳月通渠

紅塵のあまりの美しさの中、まるで人間四月日、それは花の咲く嫣然も、花の香りがあるつきまとって;それは詩情のところも詩的な揺れて。ただ、もしだけの人生の最初の兆候は、そんなに人間もない『女性が頭鳳』の千年の絶唱;もしだけの人生の最初の兆候は、そんなに世の中もない梁祝蝶飛ぶ千古伝奇;もしだけの人生の最初の兆候は、そんなに身もなかった千年喟叹雷峯塔。

歩いて、時には人の人、誰が1つ通渠公司の美しいあこがれと期待に行くことを望みますか?誰が、1つの愛と、捨てないことを、誰かに、誰かに見ています。もし人生は1つの場のルートで、1つのは人生の道中の最も美しく咲くことに決まってい。人生は生きていても、あなたは黒い髪は雲のように、白髪霜、あなたが読むと「人生の中に、あなたの口もとはきっと思わず出壱淡い笑みを拭いて、君の心はきっと思わずたゆう開壱彎さざ波。

壱度萍聚、いくら真夜中の夢、袖の満ちる香?壱度出会い、いくら暗香浮動刹那芳華?壱部の愛情、はじめから終わりまで、初めては永遠に最も美しい風景、壱話から上演し、カーテンコールまで、初めては永遠に一番忘れられないストーリー日本購屋。一見、それははぼんやりして極緻、またはっきりして極緻の画面;初めてそれははあっさりして上品さ、また濃厚さのよしみ。人生がただ巡って、初めて照らし出す壱じろりと、月下美人壱現、それはいつも人をリッスン忘れ。

昔から、人生の殘念なことは、あまり未から物語が終わって;人生辛いことは、あまり未主役は物語だけ離れます;人生の悲哀のことは、あまり話を続けて悲劇はすでに運命付け。縁縁に行って、もし壱切最初の兆候はどんなにすばらしくて、たくさんの幸せが、もし親と月夜はいつもよいどんなに貴重、多くの貴い。

歳月の経筒ひっきりなしに摇转、もし世間が懂得に帰依して、それも葉落謝の日も、豊かな晴れた時間、人と出会う時に心の中では酒店式公寓簡単には壱句:「あ、あなたもここに」、人と人との分離時手を振って軽く道壱声:“もしあなたは晴れ完璧につけ」。

紅塵のまえ玄関で会っにたくさんの花が咲くのはいつ驚き;人間の別れに、総の多くは花の悲しみ。実は、人の世のすべての愛と恨みの痴缠も運命は双方の生命の中の壱程風雨、壱風景、壱つの物語。もし縁がないで、いくつかのかつてかもしれないと心の奥で印を刻んだ殘念と憂いと悲しみを場合に縁があって、すべてのことが流れる脈絡に脱皮たおやかや慈悲。

人生の中で、水の見張り腹違いぶりに黒い髪はもはや、三千淩乱が舞い上がり、飄々との衣に苦い涙もう千行。人生の中で、たとえ肩をこすることも、見知らぬ人だけ;たとえ向きを変えて、殘りもない空。人生の中で、美しい風景をずっと道中で、世俗の世界の花火が愛の物語に付き添って長い年月が経過し、途中の四季のない風に痩せこける。人生の中で、すべての思い合う涙までも美しい、すべての日は生気を与える。

生涯の往来、十四開催を開いた桃をもたらす、人間四月日、平凡の命を添えた肉感的非凡と、破滅壱道油ランプをもたらす、波折と暗、静かな世界を染める怨念と薄情。似水流年に、どんな美人か白髪に関わらず、靑春あるいは晩年まで、出会いも別れから、恨みや恨まないのは、過去の記録から生命;初めてまでも馴染み、愛や愛しないのは、もし時間を助ける。

図画は誰が美しくて、人生は数サイフォン涙?この世の中には、永遠に1つの種類により次第に咲く花より壱種に永遠を知ることも。霧雨紅塵、すべての人はすべて愛で生まれてき、人間を願いたい、愛の人を染めないひとり葬花の苦痛、情の人があると添い遂げるの喜び。願いを願って、天上人間、永遠に咲く花が落成詩画。

花火年、夢のひらひらと。人生の中で、手に無花も生香、無声も深い心。どんな命は壱場の美しい約、やはり惨めの旅、どうぞ初心といつも伴う、しかもと真相共白頭。いつも風月、永遠には風月、心には詩情、永久に咲いている花が咲く、と。